公益財団法人 和歌山地域地場産業振興センター

和歌山地域地場産業振興センターは、県北部の市町と商工団体・業界が一体となって地場産業の活性化と魅力ある地域作りを進めるための拠点施設としてオープンしました。

和歌山県建具事業協同組合

建具

所在地
〒640-8033 和歌山市本町5丁目29
TEL 073-432-1640
FAX 073-431-2224
URL http://www.wakayamatategu.com/
E-mail -
設立年月日 昭和25年1月9日
製品名 フラッシュドア、木製建具、その他

和歌山県建具事業協同組合

和歌山県建具事業協同組合和歌山県は古来より紀州「木の国」と歌に詠まれているように、杉・桧等が繁茂し、林業が盛んでした。
 建具業の起こりは、明治4年頃で、紀の川を利用して運ばれる吉野杉や紀州桧の端材をつかって建具を作ったのが始まりといわれています。
 和歌山市周辺は木材の集荷地として栄え、大阪などの大消費地に隣接しているという立地条件に恵まれて急速に発展しました。
 大正時代には台湾・朝鮮・中国にも販路を持ち、「和歌山建具」の名声を博しました。
 戦前は東京に次ぐ全国シェアを誇っていましたが、戦後は全国各地に建具が起こり、また、機械化や外材の輸入等の影響もあって、全国的には8~9位の生産額となっています。
 組合としては、大正8年「和歌山県建具同業組合」として発足、昭和12年「和歌山建具工業組合」、昭和18年「和歌山県建具統制組合」、昭和21年「和 歌山県建具商工業協同組合」に改組、昭和25年法の改正により現在の「和歌山県建具事業協同組合」となりました。設立時から原材料等の共同購入、公的工事 (建具)の入札等に参加していました。
昭和30年には、全組合員を対象として副資材の共同購入事業を開始するとともに、昭和35年からは建具展示会を開催するなど啓発に努めています。